読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の人生恋愛指南

女って恋愛におけるウェイト大きいな…って思うので、いろいろ濃くあったことをちょっとカモフラージュしながら書いていきたいと思います。

旅行〜嬉しいハプニング〜

お仕事の休みを使って私が温泉に行きたい!っていうといいよ、二人で温泉に行こうって言ってくれたので行ってきました。

 

何回めかな、旅行。

 

近場の温泉に一泊旅行たくさん行った。

 

私が温泉好きで彼はあまり温泉は好きじゃない。(暑がりだから)

 

けど行きたいというと連れてってくれる。

もちろんそれ以外にもお目当があって寺社仏閣巡りとか伝説の秘湯とかそーゆー肩書きのあるのが好きな彼氏も楽しんでた。

 

1日目はグッと体に熱が入ってくるようなすごい温泉付きの民宿に泊まって二日目の有名な神社に行ってきたのだけどゆっくり見すぎて帰りの道のことを考えるともう一泊するか?ということになった。

 

予定外の二泊にとっても嬉しかった。

二日目の旅館は美味しいバイキングが朝夕。

泉源はぬるめの美肌の湯。

つるっつるになって翌日も温泉に入り、

大満足で帰ってきた。

 

すぐ帰ったら仕事だったけど、その後も疲れてしまったので家に帰る気力はなく、彼氏のところに泊まった。

たくさん嬉しい言葉を彼氏からもらって思い出もたくさん、

 

これからもずっと一緒にいようね、って言い合った。

こんなに尽くしてくれていい女はいない、と彼は言った。だからお前を裏切ることはしないと。

浮気者の俺がいままったくそんな気がないのはお前がいい女やからやで。

と言ってくれた。

 

自然体でそんな尽くしてるつもりもないけどそう言ってくれる。彼氏も私を喜ばせてくれる。

とてもいい関係。

 

朝に子供にもう三日以上会ってないので家に帰った。

元夫は何も言わずに子供を見てくれていたが、ご飯や掃除はやっぱりできていなくてぐちゃぐちゃだった。

 

また仕事があったのでお昼から娘と買い物に行き、一緒にたっぷりご飯を作りだめしておいた。

 

彼とずっと一緒にいたい。

 

けど、子供とも会いたい。子供は健康に育ててあげるのが親の義務と思っているし、愛情をたっぷりかけて時間じゃなく、質で愛を伝えてあげたいと思っている。

 

元夫がある程度まで見てくれてるのでありがたい。

本当に彼と一緒になってもたまに私が協力できればと思う。

感動

お昼から夜遅くまで色んな種類の仕事をしてご飯も途中で食べてまた仕事してやっと終わったのが深夜1時。彼氏もスタッフもヘロヘロになっていて、そのあと打ち上げへ。

 

バーで飲んでて、彼がいい感じで酔ってきたのでこれは私が潰れたらやばいって思ってセーブしながら飲んでた。

酔うとちょうどスタッフは女の子に夢中だったので私と彼で話をしていたら、俺のこと好き?めっちゃ好き?ってずっと聞いてきて、好きやで、うん。めっちゃ。って答えてたら、一人の女の子がタンクトップになって谷間があらわになって、それを見続けた彼氏に怒る。

 

いよいよ酔いが回ってヘロヘロになってきた彼氏を見て、帰ろうか。ってお会計を済ませた。

わたしと彼は先に帰ったけど

残ったスタッフは始発まで他のバーで飲んでいたらしい。

 

帰って二人で軽く話して彼が眠そうだったので寝たら?って言うと横に来い、と言うのでメイクもそのままで横に行くとさすがに朝方だったので寝てしまった。

 

次の日、ちゃんと早く起きれたわたしはシャワー浴びて帰り支度をしていると、彼が起きてきた。

いつも朝は寝ててわたしが家を出ても寝たままなのに。

 

二人で朝ごはん食べてテレビを見てたらあっという間にお昼前に。

子供から何回かいつ帰ってくんのー?って電話があった。

彼に、帰りたくないの?と言われて

うん。一緒にいたい。

と言うと帰したくない。

って、子供と遊びに行こうって言ってくれた。

 

すぐに息子に電話して彼が遊びに連れてってくれることを言うとすごく喜んでいた。

子供達は彼にあったことはあるけど、子供にはまだ離婚したことすら話していない。

たまに遊んでくれるおじさんと言う位置にいる。

 

それは多分わたしと彼が結婚しても変わらないだろう。

 

彼の車で子供の待つ家に帰り、子供達を迎えに行くと私より早く支度した子供たちはすでに車に乗り込んでいた。

 

色々話してたみたい。

 

子供は引き取らないと言った彼だけど子供が嫌いなわけではないから雨の中アウトドアで一緒に一生懸命遊んでくれた。

子供たちも楽しそうに雨の中喧嘩したり歌を歌いながら歩いてた。

 

彼と話しながら子供達と遊ぶ。

 

私が元夫とやって来なかったこと。

 

できなかったのではなくやらなかった。

 

自分の時間をお互いが優先しすぎていてどっちかが子供見るならどっちかが休めばいいって子育ては手のかかることで、楽しもうとか家族一緒に思い出を作ろうと言う気持ちはなかった。

 

彼と子供と過ごして、こんな風にちゃんと家族になれるんだって思った。

 

たまにでもいいからこうやって遊びたいな。

もし子供ができたらこうやって家族の思い出が欲しいな。それが当たり前のようになればいいな。

 

なんだか嬉しくて感動してしまった。

 

帰り駅まで送ってくれて見えなくなるまで手を振ってくれた。

 

色々辛いこともあったけどここまで大切で愛おしく思える人と続いていけてることで辛いことなんてチャラだ。

 

彼氏はちょっと口がうますぎて女好きだけどちゃんと一途に見てくれてる。

 

このまま二人大切に思いあって一途に愛し抜けたらどんなにしあわせだろう。

 

どうか続いていきますように。

このしあわせも彼との関係性もずっとずっと…

お揃いの

昨日はホワイトデー。

 

なにもいらないから、旅行連れてって?って言ってたからなにもないと思ってたらはいこれ、って、ホワイトデーのプレゼントをくれた。

 

これはお前が俺の女ってわかると思うよ。

って言うのでそんなんわかっていいの?けどすごく嬉しい。

 

ご飯食べて家に帰ってからプレゼントを開けると彼氏がいつも身につけてるパワーストーンをネックレスにしたもので、少し変わったパワーストーンなのでお揃いなのがよくわかるものだった。

 

今までも同じパワーストーンのお店で買ってもらったものもあったけど、今回のは完全にお揃いとわかるものだからちょっと意味合いが違って今までは不倫の時期もあり、二股の時期もあり、付き合ってることを隠して隠してきたけれど、浮気性の彼がお前がいたらしないとはっきり言うくらいには私がそーゆー存在になれたことが嬉しかった。

 

昔の友達で彼を通して出会った子は私がその子と彼が体の関係があったと言いふらしたと元カノの周りから聞いたらしく、私に対して多分とても黒い感情を持っていたみたい。それからは連絡もなくなって私は連絡しようとしたけど彼がそれは仕方ないからって私に連絡するなと言ったからしなかった。

なにもしてないのにそんなことを言われていたことが不本意で仲よかったのに関係ない話でその子との仲が壊されたことは残念だった。

その誤解がその子の友人が彼に相談をしたことで彼がその誤解も解けるようにその子に話ししてもらうようにその友人に話をしてくれたらしい。

 

ちょうどその日、家で料理をしていた私はふとその子のことが頭をよぎって離れなくなって色々その子のことを考えた。

 

連絡、してみようかな。とも思ったけど、その子に彼氏と付き合ってたことも言ってなかったからやっぱりやめようってしなかった。

 

元々は元カノと彼が公認で付き合ってたことをその子は知っていてそこに私が出てきてやっぱり私と付き合ってるとなればいい気はしないんじゃないかなと思ったから。

けど元カノのことは色々聞いたり実際されたこともあり、その子はもう元カノの一派とは絶縁状態らしい。

 

元カノ一派と彼氏派閥は今でははっきりと二分してしまって元カノから不当な扱いを受けた人たちが反元カノ派みたいになって彼氏とは仲がいい、

彼氏が元カノと付き合っていた時は反元カノ派は彼の顔があるからと表立って反発はしなかったけどもう別れた今は反元カノ派は結構な反撃をしているようで彼氏が仲立ちしていないと元カノの行動を良しとしない人が多くいることが際立った。

遅かれ早かれ反元カノ派は不満が溜まればそうなっていったに違いない。

けど元カノ派も多いから数では負けてない。

 

元カノを擁護するでもなく否定もしない彼氏、

 

こっちとしては色々嘘の情報を流されたこともあり、怒って欲しかったけどそんなことをしてもなにもならないから関わらないだけでいいやと思っている。

 

私自身元カノに怒りはない。

 

まあ、プライドが高くて自分が一番と思ってる人が自分の男を取られたわけなのでそのくらいは男の顔なんて関係なく自分を守るためにはやるかなと思うから。

 

彼との絆が硬いならそれに越したことはないから。

今はなにも不安にならずに頑張れることが嬉しい。

なかなか食べてもあの痩せた時期から太らなくなったので俺が苦労かけさせてるみたいやん!と言われるけどただ太らないだけで、しあわせだなーと思っている。

 

あとは子供と元旦那との別居をどうしていくかだなと思ってる。

 

ここはまだまだ今後の課題だ。

やっと終わった

元カノの件がようやく落ち着いたと思われ、彼が元カノの誕生日にも何も連絡しなかったと当たり前のことを言ってきた。

それ普通やから…。ていうか当たり前すぎるやん。

 

元カノが念をいれたとかいう曰く付きの品をお寺に奉納するというので安心していたら移動させてただけで部屋の中にあった。

今日私が帰りにその品を持って途中下車して、元カノにあったらどうしよ、嫌だなーと思いながらも本人に返した方がいいだろうと思ったから元カノがよく行くらしい神社のご神木の麓に置いて帰ってきた。

 

ある程度念を払うことはしたらしいけどその品物には元カノの名前が書かれていたのでこれはあかん。ってことでわざわざ寄り道してきた。

 

私は元カノの気持ちもわからんでもない。今まで全力で無償で助けてくれた人がいなくなって、それが二股相手のところに行ったとなれば二股相手の女を憎むのはわかる。

 

けどそれを呪いのように彼に私がいてたらあかんだのなんだの言うことはそれは違うと思う。

 

憎むなら心の中でだけにすると思う。それか全く関係ない友達にこんなことがあって悔しいとか、誰も見ないブログか日記に書くわ。

すでに元カノになった時点でそんなことに口出す権利は無くなってると思う。

 

まだ残ってるものはあるとはいえ、ほぼ元カノのものはなくなり、もう接触することはないかなと思っている。

 

神社に行って元カノは元カノでまた幸せになってください、と言ってきた。

 

今週はほぼ毎日一緒にいた。

 

明日もまた一緒に仕事。頑張ろう!

 

 

子供の成長

時の経つのは早いもので
娘もこの春から小学生です。


0歳児から同じ保育園に通っていて、上にお兄ちゃんもいたので、卒園式で謝辞を読むことになった。


模造紙を買ってきて切って畳んで筆ペンで書きましたが。
なんか紙が安っぽい。

ということでちょっと紙探ししよう。

卒園式で着る服も調達に行ってきました。フリフリなのでノリノリな娘。めっちゃポーズとるよねー…。

 

オムツでゴロゴロしてた娘がハイハイして立ってブーって喋り出して…今では自転車乗ってひらがな書いてる。タブレットなんて私より操作わかってる。

 

たった六年。

たった六年で子供はこんなに成長する。

六年間、私は?
大人になってからの六年は体の成長は止まってるし精神の成長は見えない。

体なんて老化していく一方だし。その割にはリズムが整わない生活をしているのにそんなに疲れは残らない。

あ、でもちょっと寝すぎるかな。

すぐお腹すくからよく食べるようになったのに特に太らない。ほんとどっか悪いんだろーか。

考え方も根本はあまり変わってないけど、ベースのプライベートの土台の部分を平和にしたい、とすごく思うようになった。

ほっとできるところ、気兼ねなくのびのびとできる場所、安心してそこにいられること。

そこがあるから頑張れる。

別にそれは物質的な場所、じゃなくてもいいけど、自分が本当に安心してくつろげるところを持ってる人は意外と少ないと思う。

若い頃はそれじゃあつまらない、と思ってたこともあった。けどベースの部分はどっしりとして変わらない、平和なところでないと、それ以外の部分は否が応でも変わるし突拍子も無いことだって起こるから。結局ベースがちゃんとしてないと崩れてしまう。

誰かと一緒にいる安心感は一人ではやっぱり得られないけど、その誰かがいなくなっても一人でなんとかしていかないといけないことだってある。

 

だから、ちゃんと一緒にいるときに、いなくなっても大丈夫だってことを相方に伝えてあげないといけない。

 

けどやっぱりいられるなら二人でいたいな、、

相方の隣はすごく居心地がいい。

相方もそう、思ってくれてたらいいな。

 

つい聞いてしまって

私とこれだけ一緒にいるようになったけど、普通?

 

って、

そしたら普通を苦痛に聞き間違ったらしくて全然苦痛じゃないよ!っていうので、

普通?って聞き直したら

 

うん。いてて当たり前。

と言ってくれた。

 

いて当たり前。

 

嬉しいなー。

当たり前のようにずっといれたらいいな

 

母の味

この前彼の実家に行った時に教えてもらったどてやきをコトコトと作り、そのことを彼にいうとすごく喜んでくれた。

 

職場にどてやきやらそれを煮込むための鍋、お味噌汁くらいは作れるように味噌やらだしやら明日の朝のサンドイッチやらを持ってったのですごい荷物になってしまってた。

早く帰りたい!って急かされながら

七味をコンビニで買って

家に帰って新しいお鍋でどてやきを温めなおすとビールで乾杯。

 

お鍋いっぱいのどてやきを全部食べてくれた。

 

2日分くらいはある予定で作ったのになぁー。
直接お母さんから聞いた作り方で作ったので味はほぼ同じだったみたいで美味しい美味しいって食べてくれた。さすが、研究家!って褒めてくれた。


母の味にかなうものはないけど
それでいい。

二番目に美味しいのが一番いい。

 

6時間ぐらいかけて煮込むどてやきは愛情たっぷりで、それがとても美味しい、と言っていた。

そして、どてやきを作ってくれたのは母以外初めてだと。

そういうことをわかる彼氏は素敵だと思う。

今朝もなんでこんなおっさんがいいの?と言われたけど、あなただからいいんだよ。

ってそれだけ、ただそれだけ。

 

今の彼氏はとてもとても好きだ。

 

元カノの嘘

昔の話になるけど、

付き合い始めたとき私はまだ結婚していて二股かけてるの知ってて付き合った。

 

最初の1ヶ月で、その当時の彼女であった元カノと別れてからちゃんと付き合いたいから一旦離れようという話をしたら彼氏は一旦離れるならもう私とは別れる、付き合ってくれるならちゃんと元カノとは別れるから、元カノとはただの恋愛関係だからすぐに別れられるからと言って結局、二股恋愛が始まった。そして二年間、別れないまま過ごし、けどどんどん離れていってるからという言葉を信じていたけれど結局私に嘘をついて元カノとお泊りデートをしていたことが発覚。

そこから泥沼が始まった。

最初は二股がわかってすぐ元カノは身を引いたが私がそんなすっと別れられるのになんで二年も二股のままおらされたのか、本当はどうだったのか聞きたくてそのままでは付き合えないからと会いにいったことからごちゃごちゃしていった。

 

最初会いにいって話を元カノとすると私に同情し、彼氏は悪者になった。

元カノはなんて話のわかる人だと私も思ったものだった。

 

しかし違った。

私が元カノから彼を奪った悪いやつになって、彼をなんとか取り戻そうとし始めた。

 

もともと妄想癖や虚言癖があるとは聞いていたがここまでとは、と正直びっくりした。

 

元カノから聞いた彼の私への暴言はそのほとんどが元カノの嘘だった。

 

なんとか私が彼に猜疑心を持って彼には私の悪口をいって私と彼の仲を違えようとしていたのだ。

 

それは時限爆弾のように作用するもので彼が私を仕事のためだけに利用しているという暗示をかけるもので私が彼のそばにいれば彼の仕事はどんどん悪くなるとかいう暗示を彼にかけていた。

仕事量は確実に増えて行く中で利用されている、という暗示はきつい。

 

それに自分は別れたいといっても別れたくないと言われたとか何度も復縁を言われたとか…。彼は去る者追わずタイプなので別れたいと言われればハイそうですか、復縁は基本言わない。

 

プロポーズされた、とも言っていたけどそれも彼にしたらそんなつもりのない言葉をプロポーズに取ったのは元カノで、そんな言葉をプロポーズに取るなら、私には再三プロポーズしてることになる。

 

元カノに言った言葉は

今のお前なら一緒に住めるかも。

 

というもの。

 

これではプロポーズとは言わない。

 

私には将来一緒に住むやろ?

俺のところに来るとき、子供はどうする?

名前変わるよ。

 

 

今も半分同棲してる、と他人に公言している。

 

将来一緒になろうと思っているのはここまで言われて明確。

 

それはさておき、彼氏が私を利用してポイしようとしている、というのは元カノがいってきたことで、本当にそういったのか、ということがずっと引っかかっていた。

 

そしてついに昨日、なんでそんな不機嫌そうなん?て聞かれたのでそのことを話した。

いつもはもうしんどいって遮られるから今まで言えなかった、というと今はしんどくないから大丈夫。と聞いてくれた。

そしたら彼氏はそんなことを言っていなかったことがわかった。

 

元カノが入ると全てが破壊されること、すごくわかった。

 

元カノが私に執着して悪口ばかり言いまくる背景には私がいると自分の嘘、悪事がバレるからだった。

 

なるほどな。

だからブログにずっと

 

 

何年疑ってる?相手に利用されてるのわかってるのになぜ離れない?

 

と書いてるわけだ。

 

疑ったまま、それを聞きもせず離れさせることが元カノの願いだったわけだ。

 

 

私がいること、どれほどのプレッシャーになっているかわからない。

 

Facebookではブロックされたしもちろんラインは私からもブロックしている。

 

本当に関わってはいけない人っているんだなーと思った。

 

そんなわけで色々わかった今、彼氏に言ったことは元カノが入るとこんな風に嘘や悪意で策を持って破壊される。元カノが本当に二人の前からいなくなれば私たち二人の間はちゃんと信頼関係ができてやっていけると思う。と。

 

ただ、元カノはゾンビみたいに何回も蘇ってはかき回してきた。だから接触があればなんでも嘘つかずに言ってほしい。言ったら私が傷つくかなと思うことならばそうしないで言わなくてもいいようにしてほしい。

 

そう言うとわかった。と言った。

 

今私とあなたの間に必要なのは信頼関係。

愛情はある。けど信頼関係は完全にあるとは言えない。

常に私はあなたに利用されてるのかどうか疑ってるし、不安だったと。

 

そうやって話をすると彼は

お墓、連れてったな、お前。

何年も会ってない叔母にも会わせた。

それは俺に取ってすごく大きいことだ。

 と言ったので

 

そんな二股期間にやられたことなんてなんの信憑性もないし思い出したくもない。

と言うと、お前にとってはそうだと思う、それでいいけど俺にとってはすごい決意の表れだったと言った。

 

いやいや、前ライン見たときにどこの女か知らないけど一緒に墓参り付いて来るか?って送ってたじゃん。

 

こいつもやっぱいいことばっか言うよな、と思って余計冷めた。

 

今は利用されてるのかされてないのかの判断はできないけど将来が今になればわかって来ることだと思う。

そこをあとは私が信じられるのか、彼が本当にそう言うことをしない人間だと信じられるのか…それは私の判断。 

 

それはお前が決めたらいいよと言ってくれた。

 

元カノの嘘をのぞいていったいこの人はどうなのか、まだまだブログ書きながら整理しないといけない。