女の人生恋愛指南

女って恋愛におけるウェイト大きいな…って思うので、いろいろ濃くあったことをちょっとカモフラージュしながら書いていきたいと思います。

彼氏の暴走

お互いの親に子供ができて、結婚することを報告することになり、うちの親は特にそういうことに寛容ではないので伸ばしてきた。

 

お腹の子が順調に育ってるのを確認してから、と。

心音が確認でき、前日に母子手帳をもらって初めての3回目の検診に行ったら手足が動いていたのも二人で見た。

親に話すると決めた日の前日、ビビりまくっている私を尻目に、彼はうちの親はもう老いてるし子に従うと思う。

親孝行で親の家賃を払おうと思ってるし別に反対されても言い返すことはできる。と、強気だった。

 

いざ話をしに自宅に戻った私はまず、子供達に赤ちゃんができたこと、そしてその父親はあなたたちのお父さんではないこと、お父さんとお母さんは別に暮らすことになることを話した。

 

子供達は特に残念そうな様子はなく、お父さんと住んでもお母さんと住んでもどっちでもいいと言った。どちらとすもうがあえなくなることはない。

 

赤ちゃん産まれるの?いつ?弟がいいな、妹がいいな。

 

そんな感じだった。

それから二人を連れて両親といつものように遊びに行った。

子供達にはこのことはお母さんが言うから言ったらあかんで、と言っておいたが下の娘が話しそうで怖かった。

 

夜になり、ご飯を食べて自宅に送ってもらう帰りに親に話した。

 

まず、一年前に離婚したことと再婚しようと思ってることを話した。

離婚も黙ってたので、もっと激昂するかと思ったら、元旦那のことが嫌いな両親は離婚したことはむしろ賛成ぐらいに話をしていて、結婚は何も今しなくていいだろうと言った。

母親がまさかあんた身ごもってるの?と言って自体は急変した。

子供はどうするの!?捨てるの!?と母が言い、

父親はおろせ、母親はそれはかわいそう。と言った。

 

子供達を引き取るのが当たり前だという話を母はし、その日は別れた。

 

彼もその日、母に話をしたらしく、こうだったと報告のために電話するととても苛立った声で母親が理不尽に全て否定してきたことを話した。

なんのことはない、丸め込まなかったのだ。

 

元嫁とも仲が悪く、子供が生まれるたびに可愛くないと言っていたそうでそりゃあ元嫁にも嫌われるわな、という姑っぷり。

今回も子供作るなんて!あの子(私)が計画的にそうしたんやろ!子供がかわいそうや!とか意味のわからないことをのたまった挙句吐いたらしい。

だれもそんな50過ぎたバツイチのややこしいおっさんにそんなもんしかけるかいな。

 

私の実家はそれなりに資産もあり、いわゆるあんまり困らない家系である。

彼の実家は市営住宅の賃貸、年金暮らしの年老いた母一人、資産はない。

逆玉の輿状態なのによくそんなことが言えるな、普通の母親ならうちのバカ息子が孕ませてしまい申し訳ありませんでした。人生をかけて償わせますというのが普通だろう。

この母にしてこの子あり。

 

その発狂を皮切りに、彼氏もおかしくなり、子供と同居しないといけないかもしれないことにすごく腹を立て出し、挙句昔のことまで言い出し、お前は俺を苦しめるために現れたんか!とか、こっちのセリフですけど的なことも言い出した。

 

 

 

広告を非表示にする