読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の人生恋愛指南

女って恋愛におけるウェイト大きいな…って思うので、いろいろ濃くあったことをちょっとカモフラージュしながら書いていきたいと思います。

二股と子供のこと

振り返ってみる。

 

元カノが色々と問題を起こしまくっていて、それに振り回されていた彼氏。

 

元カノの子供もむちゃくちゃで、散々トラブルを解決していってた彼氏。

 

 

それなのに私の子供は見ない。と言ってるからそこまで私のことは好きじゃないんだ。

ていうのが私の見方だったけど、

 

彼の中ではもう、振り回されるのはしんどい、が発端で何もトラブルを抱えていない私に癒しを求めたのが始まりだった。

 

子供に関しても自分の子はもうみんな手が離れて自立していったけどまだ下の子が小学生のときに離婚しているので途中までしか守れなかったことは彼にとっても負い目だった。元嫁に非があったとしても子供には罪はないわけで、父が縁を切ったのは子供にとってはただの災難だ。父親からの暴力やトラブルで離婚、シングルマザーで育った彼にしたらちゃんと両親がいる中で育ちたかったし、子供にもそうしてあげたかったという思いもあり、複雑で自分の気持ちの整理もついてないんだろうなと思う。

 

そこで出てきたのがむちゃくちゃな元カノとその子供達だったので助けたくなるのは人の性というもの。私が好きだとかどうとかは関係ない。

 

離婚したとはいえ子供達にはそのことは伝えておらず、ただ母が家にいる時間が短くなってきただけで、一緒にいるときはちゃんと母親しているので子供達にとっては今はそれが一番いいだろうと思う。

 

彼もそれは賛成で、自分が私の子とは一緒に住めないと言っている時点で私と一緒に暮らすことも時期が遅れるのはわかってる。

 

慎重にゆっくりしなければいけないことはあるもので、タイミングが大切なのだ。

 

子供のいない女性ならこんな悩みはなかったのだから、彼もそんな人を選べばいいけど、私と彼は仕事上もただ一緒にいることもすごく自然でお互い補い合い、楽しく過ごしてるからやっぱりこの人、と思っている。

 

子供は私の子だから、彼には何も望んでない。ただ、私の子だから私が私の子供に会うことや一緒にいることは憚られたくないだけ。

お父さんも大好きな子供達。

だから彼はそこには必要ない。

 

子供は好きだし、彼とすぐに一緒に住めないとしてもネックだと思ったことはない。

幸い離婚して元夫は全く何も言わないし夜はでれるから。この一年二年はそうやってやっていくしかない。私に彼の子供ができない限りは。